教員紹介

鷲津 仁志研究室

計算科学コース

鷲津 仁志教授

Hitoshi WASHIZU

博士(学術)(東京大学)

http://washizu.org/lab/

生体高分子の物理化学の大規模分子シミュレーションで学位を取得してから、一貫して界面の分子集団の動的挙動、とくにトライボロジーと呼ばれる摩擦・摩耗・潤滑分野を中心に活動中。自動車の研究所における14年間の研究開発、文科省次世代スパコン、元素戦略などの国プロに携わった経験から、スパコンと産学連携が得意です。
京都大学拠点教授を兼任。

【研究分野・テーマ】

界面における分子集団の大規模分子シミュレーション。適用対象は、トライボロジー、高分子、電池など。社会人の方は企業における研究テーマを、修士院生は既存のソフトを用いた新しい現象解明を、出身の専門分野に合わせてテーマ設定しています。原子レベルからのボトムアップの粗視化シミュレーション技術の開発も大きなテーマです。

 

経歴、専門分野、研究内容、研究業績、学外活動など、より詳しい内容は兵庫県立大学の研究者データベースをご覧ください。
詳しい研究内容は研究室Webサイトをご覧ください。