教員紹介

尾嶋 拓研究室

理研クロスアポイントメント教員

尾嶋 拓准教授

Hiraku Oshima

https://bfs.riken.jp/member/profile/hiraku_oshima/

ニューラルネットワークおよび複雑ネットワークの研究で学位を取得したのち,タンパク質への溶媒の影響の理論的研究を経て,現在創薬応用を目指した生体分子の分子動力学シミュレーションの研究をしています.タンパク質と薬の結合メカニズムの解明や結合親和性を正確に予測する方法論を開発し,国産分子動力学シミュレーションソフト「GENESIS」へ実装および公開しています.「GENESIS」を用いて,スーパーコンピュータ「富岳」で創薬応用シミュレーションを行なっています.理化学研究所生命機能科学研究センター研究員,理化学研究所計算科学研究センター特別研究員を兼任.

研究分野・テーマ

生体分子の分子動力学シミュレーション

  • タンパク質ー化合物,タンパク質ータンパク質の結合
  • 結合親和性の高精度予測
  • 結合・解離の速度予測
  • 自由エネルギー計算方法の新規開発
  • シミュレーションソフト開発および高速化

 

経歴、専門分野、研究内容、研究業績、学外活動など、より詳しい内容は兵庫県立大学の研究者データベースをご覧ください。
詳しい研究内容は研究室Webサイトをご覧ください。